シャドウイング、リピーティング(低コスト英語)

お金のかからない効果的な英語学習法をご紹介。
ビジネス英語学習、TOEIC対策など、社会人の英語力アップの秘訣をご紹介。

Other Information


  • 更新履歴
    • Last update 2/3/2015
    • Since 12/15/1995 (旧サイト「管理人Jの低コスト英語レベルアップ作戦」)

シャドウイングとは

シャドウイング(シャドーイング,shadowing)は、言語学習の世界では昔からある有名な手法で、もちろん英語学習にもよく用いられています。

シャドウイングをひとことで言うと、「復唱(オウム返し)」で、聴き取った英語を瞬時に同じように真似して発声する英語の練習法です。

私の師匠(TOEICの達人)は、この勉強法を徹底的にされていて、私にも具体的なやり方を教えてもらい、時間があればやっておくように薦められました。

私はただ聴き取ったら良いだけなので楽勝な勉強法だと思っていましたが、結構やり方にコツがあることがわかりました(後述)。

シャドーイングとリピーティングとの違いについて

リピーティング(repeatiing)も、英語学習によく用いられてる勉強法です。

シャドウイングと同じく「復唱(オウム返し)」ですが、リピーティングとシャドウイングの違いは、聴き取った英語を真似して発声するまでの時間で分けるとわかりやすいです。

シャドウイングが、聴き取った英語を瞬時(1秒もしないうち)に発声するのに対し、リピーティングは、少し間をおいて(およそ2,3秒)から発声するのが特徴です。

私の師匠(TOEICの達人)は、シャドウイング同様、リピーティングもされていて、私も素直にやってみたのですが、シャドウイング同様結構重要な勉強法であることを後になってから実感しました。

シャドウイング、リピーティングの効果的なやり方

私は最初、シャドーイングもリピーティングも、ただ聴き取ったら良いだけなので楽勝な勉強法だと思っていましたが、真剣にやればやるほど難しく、結構課題があることがわかりました。


具体的には、以下の点が挙げられます。

・教材選びが結構大変

・聞き取れない音があり、発声しづらい

・時間がない

・すぐ飽きてしまう

・舌が回らない



しかし、師匠のアドバイスや自分なりの工夫で、上記課題を克服することができ、大きな成果を上げることができました。
以下、順を追って紹介させていただきます。

・最適な教材を選ぶ

・耳を慣らす

・時間をつくる

・環境をつくる(整える)

・興味を維持する

・発音の基礎をまなぶ




Copyright(C) 1995-2015 低コスト英語レベルアップ作戦. All rights reserved.